ネモニウムとは結局何なのか?金属?電磁波?海草?

ミステリアスアイランド
アクセル
アクセル

今回は初の試みとして「会話風の記事」でお話ししてみようと思います。よろしくお願いします、オウムガイくん。

オウムガイ
オウムガイ

よろしくね!
こういう記事、他のブログでもたまに見かけるよね。

アクセル
アクセル

なんでも会話風の記事は、読みやすくて内容が伝わりやすいという話です。今回はお試しですが、うまくいけば今後もたまにやっていくかもしれません。

アクセル
アクセル

さて、今回は結構マニアックなお話をしたいと思います。
オウムガイくんは、「ネモニウム」って聞いたことがありますか?

オウムガイ
オウムガイ

知ってるよ!これでしょ?

たしか…

  • ネモ船長が地底で発見した金属で
  • ミステリアスアイランドの照明に付いていて
  • ドリルマシンのエネルギー源で
  • 空中を伝搬することができて
  • 海草から作られるんだよね
アクセル
アクセル

ちょ、ちょっと待ってください。設定盛りすぎです。金属なのに空中を伝搬するってめちゃくちゃじゃないですか。

オウムガイ
オウムガイ

そうは言っても、今話したのはどれもSNSとかインターネット上でよく見るやつだし、キャストさんが教えてくれたっていうものも多いよ?

アクセル
アクセル

そうなんですよね。

今回お話しする「ネモニウム」というものは、キャストさんの間でもゲストの間でも非常に有名なものですが、なぜか様々なウワサが飛び交っているのですよ。そして、もはやどれが正しいのか分からなくなってしまっています。

そういうことで、今回はネモニウムの正体をハッキリさせてみませんか?

オウムガイ
オウムガイ

そういうこと言ってるとBGS警察って呼ばれちゃうよ

※BGS警察:バックグラウンドストーリー(BGS)の間違いを勝手に訂正してくる人のこと

アクセル
アクセル

オウムガイくん、勝手に新しい言葉を作らないでください。

この記事の内容はあくまで僕の考察です。決して既存の説などを否定するわけではないと思って読んでくださいね。

オウムガイ
オウムガイ

はいはい。

じゃあ結局ネモニウムってなんなのさ。

アクセル
アクセル

それが今回のトピックです。

今回はネモニウムに関する前知識は綺麗さっぱり忘れて、一から考察していきましょう。

オウムガイ
オウムガイ

何から考えていく?

アクセル
アクセル

まずはネモニウムについて書かれているパーク内の資料から考察していきましょう。

パーク内の資料からわかること

アクセル
アクセル

次のボードは、ネモニウムについての記述がある唯一の資料です。

オウムガイ
オウムガイ

これは、ネモ船長のドリルマシンに関するボードだよね?
あの火山にぶっ刺さってるやつ。

ネモニウムと何の関係があるの?

アクセル
アクセル

大いにありますよ!
この資料によると、次のようなことがわかります。

  • ネモ船長は無尽蔵と思えるほどのエネルギー源を発見し、それを「NEMONIUM(ネモニウム)」と名付けた。
  • ネモニウムはドリルマシンのエネルギー源として使われている。
  • ネモニウムは排気ガスを出さない。
オウムガイ
オウムガイ

ネモニウムに関する記述これだけ?

意外と正体がハッキリと書かれているわけではないんだね。

アクセル
アクセル

でも、これだけでも分かることはたくさんあります。

ネモニウムは金属?

アクセル
アクセル

ネモニウムは金属でしょうか?

オウムガイ
オウムガイ

うん。「〜ニウム」なんて、いかにも金属だよね。

アクセル
アクセル

そうですね。

もうひとつ、さっきのボードに記述されていた、「ネモニウムがドリルマシンのエネルギー源であり、さらに排気ガスを出さない」という事実からも、ネモニウムが金属であることが伺えます。

オウムガイ
オウムガイ

どういうこと?

ドリルマシンの燃料について考える

アクセル
アクセル

ドリルマシンのエンジンが何か知っていますか?

オウムガイ
オウムガイ

ミステリアスアイランドのマシンなんてだいたい蒸気機関だよね。

アクセル
アクセル

その通り。では蒸気機関のエネルギー源は何でしょう。

オウムガイ
オウムガイ

蒸気機関では、水を沸騰させて蒸気にするための燃料が必要だよ。
ミステリアスアイランドの時代を考えると、石炭とかが代表的だけど。

アクセル
アクセル

そうそう。そして、ネモ船長のドリルマシンの場合はその燃料がネモニウムなんです。

オウムガイ
オウムガイ

(???)

アクセル
アクセル

金属が燃えるイメージ無いですよね〜。
実は金属も、小さく刻んだり触媒を使ったりすればバッチリ燃えます。

オウムガイ
オウムガイ

あ、そっか。
そういえば花火って、金属の炎色反応であんなに色鮮やかに光るんだったね。

オウムガイ
オウムガイ

(ネモニウムの炎色反応は何色だろうなあ)

アクセル
アクセル

ではネモ船長が、メジャーな石炭ではなく、あえてネモニウムという金属を燃料として使う理由は何でしょう。

オウムガイ
オウムガイ

線香花火みたいにきれいに光るから?

アクセル
アクセル

金属は燃やしても排気ガスが出ないからです。

石炭のような化石燃料は有機物なので、燃やすと排気ガスとして二酸化炭素が発生してしまう一方で、金属は燃えても酸化するだけで、排気ガスは何も出ません。

化学式で考えてみるとわかりやすいですよ。

オウムガイ
オウムガイ

ほんとだ!

じゃあ「ネモニウムは排気ガスが出ないクリーンエネルギー!」って言うけど、これはネモニウムが特別すごいわけじゃなくて、金属としては当然の性質なのか。

アクセル
アクセル

その通り。そして、排気ガスが出ないことは、ネモ船長のドリルマシンにとっては非常に重要なことです。

なぜなら、地底では換気ができないからです。
もし地底で排気ガスを出してしまったら…、みんな窒息死してしまいますよね。

オウムガイ
オウムガイ

た、たしかに…。

じゃあ、ネモ船長が地底をあれほど開拓できたのは、ネモニウムの存在があったからこそなんだ。

アクセル
アクセル

そうです。地底探索にネモニウムは欠かせないのです。

ネモニウムは大量に埋蔵されている貴金属?

オウムガイ
オウムガイ

ところでさっきの話で気になったんだけど…

金属を燃料として使えば、排気ガスが出ずに超エコなんだよね?じゃあなんで人類は石炭とか石油ばっかりを燃料として使ってきたわけ?

アクセル
アクセル

それはですね、「石炭や石油が大量にあるから」です。

燃料として使えるような、つまり初めから酸化していないような金属は貴金属と呼ばれる種類に属していて、非常に高価で貴重なんです。そんな貴重な金属を燃料なんかに使うわけにはいきませんよね。

アクセル
アクセル

ネモニウムも燃料として使うことができるってことは、自然には酸化しない、つまり貴金属の仲間だと考えられます。

オウムガイ
オウムガイ

貴金属って言うと、金とか銀の仲間!?

そんな貴重な金属を燃料として使うなんて、贅沢すぎない?

そんな使い方してたらすぐ無くなっちゃうんじゃあないの?

アクセル
アクセル

そこがネモニウムの都合が良すぎるポイントなのです。実はネモニウムは、そんな使い方をしても枯渇しないくらい大量にあるらしいのですよ。

先ほどのボードには、「ネモ船長は無尽蔵と思えるほどのネモニウムを発見した」という記述がありましたよね。

オウムガイ
オウムガイ

ほんとだ!あの一言も大事だったのね

アクセル
アクセル

ここまでをまとめると、

ネモニウムは「無尽蔵の貴金属」という、常識的にはあり得ない、まさに夢のような金属なんですね。

「ネモニウムが海草から作られる」説

アクセル
アクセル

「ネモニウム 海草」とかでググると、ネモニウムが海草から作られるというはなしが結構出てきます。これの真偽はどう思いますか?

オウムガイ
オウムガイ

うーん。さっきの話では、ネモニウムって結局金属なんだよね?

海草から金属を作るっていうのは、さすがに…。

アクセル
アクセル

さすがに考えにくいですよね。

それに、先ほどのボードの「ネモ船長がネモニウムを発見した」という記述とも矛盾します。

オウムガイ
オウムガイ

たしかになあ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました