ミステリアスアイランド近海の海域名

海底2万マイルのキューラインにはミステリアスアイランドの海図があります。

この地図を見ると、ネモ船長はミステリアスアイランドの近海に様々な海域名を付けているようです。

それをまとめたものがこちら(↓)

1つずつ解説していきましょう。

船の墓場

ご存知の通り、アトラクションで通る、あの大量の沈没船が沈んでいる場所。
崖っぷちにある窪地です。

ルシファーの海溝

船の墓場は崖っぷちにあると言いましたが、その崖の下に続く非常に深い海溝が「ルシファーの海溝」です。
アトラクションでは潜水艇がここに落ちて行ってしまうんですね。

LUCIFER(ルシファー)は堕天使の名前です。

アロナックス深海

ARONNAX(アロナックス)とは、ミステリアスアイランドの原作『海底二万里』に登場するメインキャラクターの名前です。
特に深い意味は無く、イマジニアの遊び心だと思われます。

ネプチューンベルト

長いベルト状の地帯のようです。 NEPUTUNE(ネプチューン)は海の神様ですね。

そういえば小型潜水艇の名前もNEPUTUNEでしたが、特に関係はないでしょう。

プロスペロ平地・カリバンの頂・ミランダ海

一気に3つ紹介します。

PROSPERO(プロスペロ)・CALIBAN(カリバン)・Miranda(ミランダ)は、いずれも天王星の衛星の名前です。

これらの衛星名の由来は、3つともシェイクスピアの『テンペスト』に登場するキャラクターの名前です。
ってことを前提に考えてみると、さっき紹介したルシファー、ネプチューンは神様とか悪魔の名前ではなく、ルシファーは明けの明星(金星)、ネプチューンは海王星のことを表していたことになります。

どうやらこの海図を作ったイマジニアは、海域名に惑星や衛星の名前を使ったようですね。

サーペントの牙

サーペントとは大蛇のこと。

おそらく牙のようにギザギザした地形からこのように名付けられたのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする