海底2万マイルのルート

今回はアトラクション「海底2万マイル」について。

ゲストが小型潜水艇に乗って進むルートについて説明します。

 

 

探索する海

ミステリアスアイランドの海図で示すと、アトラクションではこのあたりの海を探索します(↓)

ミステリアスアイランドの東部当たりですね。

CIMG24101

 

 

船の墓場(SHIPS' GRAVEYARD)

アトラクションで、出発してしばらく進むと、大量の沈没船の残骸が見えてきます。

ここは「船の墓場」と呼ばれる場所です。

 

これが「船の墓場」の全体図(↓)

CIMG2475

これを見ると、どうやら「船の墓場」は崖っぷちにある巨大な窪地のようですね。

ヘタクソな絵ですがこういうことです(↓)

イラスト2

 

キューラインの資料によると、ネモ船長は次のように言っています。

「ここで多くの船が沈んだのはとても偶然だとは思えない」

 

これがどういう意味か想像がつく方も多いのではないでしょうか。

後で説明します。

 

 

ちなみにミステリアスアイランドの海図で「船の墓場」はここに当たります(↓)

CIMG2414

 

 

ルシファーの海溝(LUCIFER'S TRENCH)

「船の墓場」のすぐそばには、非常に深い裂け目(海溝)があります。

ネモ船長はこの海溝を「ルシファーの海溝」と呼んでいます。

CIMG24751

イラスト

 

アトラクションでは、ゲストの乗る潜水艇がこの海溝の底へ沈んで行ってしまいます。

 

キューラインの資料によると、ネモ船長は次のように言っています。

「深度は不明」

「私のどの潜水艇でも、この海溝の底まで潜航することはできない。」

「この海溝の中から奇妙な光が発せられている。この光が火山活動によるものだとは思えない。」

 

 

ちなみにミステリアスアイランドの海図で「ルシファーの海溝」はここに当たります(↓)

CIMG2415

 

 

クラーケンの岩礁地帯(KRAKEN REEF)

「船の墓場」の奥には岩礁地帯があります。

ここは「クラーケンの岩礁地帯」と呼ばれています。

CIMG24752

 

アトラクションで、潜水艇が巨大なイカに襲われてしまう場所です。

 

「船の墓場」に多くの船が沈んでいたのもクラーケンの仕業だったのです。

 

キューラインの資料によると、ネモ船長は次のように言っています。

「この付近ではたびたび強力な海流が観測されるが、このような現象は、何か巨大なものが動いた場合にしか起こらない。だがどんな怪物がいるというのか?」

 

この言い方では、どうやらネモ船長は実際にクラーケンに遭遇したことが無いようですね。

しかしこの場所に何らかの巨大な怪物がいることはわかっているので、とりあえずそいつのことを「クラーケン(海の怪物のこと)」と呼び、そいつがいると思われる場所を「クラーケンの岩礁地帯」と呼んでいるのでしょう。

 

 

アトラクションでは、この場所に差し掛かったとき

クルー「まもなく警戒進路です。」

ネモ「よろしい、ゆっくりと浮上させよ。」

というやり取りがあります。

この付近にクラーケンがいるとわかっているから「警戒進路」なんですね。

 

しかし浮上させる前に、潜水艇はクラーケンに捕まってしまいます。

何とかクラーケンを撃退しますが、潜水艇はそのまま「ルシファーの海溝」へと沈んで行ってしまうのです。

 

 

ここまでのルートはこうなります(↓)

CIMG2471

 

 

アトランティス

ネモ船長による海底調査の目的の1つは、かつてこの海に沈んでしまったという「伝説の失われた大陸」の痕跡を探すことです。

この大陸のことを「アトランティス大陸」と呼びます。

 

キューラインの資料によると、ネモ船長は次のように考えているようです。

「ルシファーの海溝の底に、沈んでしまった大陸がある」

 

アトラクションでは、潜水艇は「ルシファーの海溝」をどんどん沈んでいき、ついに海溝の底へとたどり着きます。

そこでゲストは、巨大な都市と奇妙な人型の生物たちを見ることになります。

 

その都市がかつて大陸で栄えたという「アトランティス」であることは間違いないでしょう。

また公式サイトでは、ここに住む人型の生物について、アトランティス大陸の人々が水中に適応した姿だとほのめかしています。

 

アトラクションのラストシーンでは、ゲストの乗る潜水艇は彼らによって海上へ押し上げてもらい、無事に帰還を果たすこととなります。

7 件のコメント :

  1. こんにちは。気になったことはいつもここで確認していました。クラーケンの岩礁地帯のセリフですが、限界深度ではなく警戒針路なんですね。気になりました。これからも頑張ってください!

    返信削除
    返信
    1. そうそう。私は今、東京ディズニーシーを舞台にした小説を書いているのですが、参考にした資料として説明欄にURLを記載して良いでしょうか?余裕があれば返信お願い致しますm(_ _)m

      削除
    2. 「限界深度」「警戒針路」、正直どちらにも聞こえますが、結局潜水艇は何千メートル沈んでも大丈夫だったので、あそこで限界深度ってことはないかな~と思いまして「警戒針路」にしときました。

      小説の件はこちらとしても嬉しいので全く問題ないです!

      削除
    3. なるほど。確かに、イカさんに襲われてさらに海底に行っても潜水艇は耐えられますもんね。限界深度ではないかもですね。

      小説への協力ありがとうございます!
      只今お話始まったばかりですが、海底2万マイルにいます。キューエリアなどの解説もしたいと思い利用させていただきます。
      よろしくお願いしますm(_ _)m

      小説はこちら
      http://touch.pixiv.net/series.php?id=768551

      削除
    4. 何度も申し訳ございません。
      ディズニーバックストーリーさんのリンクを正式に紹介したストーリーを公開しました!

      http://touch.pixiv.net/novel/show.php?id=7533560

      これからもよろしくお願いしますm(_ _)m
      応援してます!頑張ってください!

      削除
    5. とても丁寧に紹介して頂きありがとうございます!
      たみふるさんの小説読ませていただきました!やはりミステリアスアイランドの部分は特にわくわくできますね!こちらからも応援しております。

      削除