12個の地底洞窟まとめ

センター・オブ・ジ・アースのキューラインには、地底世界の構造が記された地底の地図が飾られています。

※クリックで大きい画像を表示できます。
地底の地図 和訳

 

この地図に描かれた12の地底洞窟について1つ1つ説明していきましょう!

アトラクションでは火山活動のせいで見ることのできなかった洞窟もいくつかあります。

位置 洞窟名 アトラクションでは
マグマサンクタム キューライン
※待ち列のこと
ベースステーション キューライン

ライド乗り場
水晶の洞窟 ライドで訪れる
発光生物のトンネル ライドで訪れる
キノコの小洞窟
&
巨大キノコの森
ライドで訪れる
風のトンネル 見られない洞窟
ささやきの回廊 見られない洞窟
火の湖 見られない洞窟
大聖堂 見られない洞窟
黒曜石の滝 見られない洞窟
軽石の橋 見られない洞窟
地熱貯蔵庫 ライド降り場

マグマサンクタム

アトラクションに並んで初めに通るのがこの洞窟。

「マグマサンクタム(MAGMA SANCTUM)」の意味は「マグマの聖域」です。

洞窟の奥には、地底へ降りるためのエレベーター「テラベーター」が設置されています。

 

 

ベースステーション

テラベーターで地底800mへ降りていくと、この洞窟にたどり着きます。

ここは地底探検の拠点場所。

 

ゲストはここから地底走行車に乗って出発します。

 

 

水晶の洞窟

カラフルな水晶が輝く美しい洞窟です。

水晶の洞窟
1870年5月12日
われわれは水晶の洞窟を発見した。これらのすばらしい水晶から「リンリン」と鳴る音色は、調和がとれていて心地よく聞こえる。

 

水晶について詳しく知りたい方はこちらをどうぞ(↓)

「水晶の洞窟」の水晶について

 

 

発光生物のトンネル

真っ暗なトンネルの中を、光る虫が「ブーン」と羽音を立てて飛び回っている洞窟です。

 

発光生物についてはこちらをどうぞ(↓)

「発光生物のトンネル」に生息する発光生物について

 

 

キノコの森(MUSHROOM FOREST)

「キノコの小洞窟」と「巨大キノコの森」を合わせてこう呼んでいます。

光るキノコ、巨大なキノコ、そして様々な生物が生息する神秘的な洞窟です。

キノコの森
1871年4月7日
われわれは巨大なキノコの森を発見した。ここには非常に奇妙で幻想的な生物たちが数多く生息している。

 

キノコについて詳しくはこちら(↓)

「キノコの森」に群生するキノコについて

 

ここに生息する生物についてはこちら(↓)

キノコの森の生物まとめ

 

 

風のトンネル

洞窟内を強風が吹き抜ける洞窟です。

風のトンネル
私の計算によると、この洞窟内で記録された速度は時速119kmを超える。

これは風速のことを言っているんでしょうね。

 

 

ささやきの回廊

ささやきのような小さい音でも数キロ先まで伝わるほど音が反響しやすい洞窟です。

 

 

火の湖

湖から炎が吹く洞窟です。

火の湖
この青い炎が絶え間なく燃え続ける原因を知るためには、さらなる調査が必要である。

 

 

大聖堂

その名の通り、教会のホールのような巨大な洞窟です。

大聖堂
この大聖堂はまだ地図に記されていないが、天井の高さは200mを超えている。

どうやらこの文章は、地底の地図にこの洞窟を描き加える前に書かれたようですね。

 

 

黒曜石の滝

名前の由来は一面の黒曜石が滝のように見えることからではないでしょうか。

 

ちなみに、アメリカのオレゴン州に全く同名の滝が存在しますが、あんま関係ない気がします。

 

 

軽石の橋

軽石(石の種類の1つ)でできた自然の橋です。

 

これはセンターオブジアースのアトラクションポスターです。もしかしたらこれが軽石の橋なんてこともあるかも。

 

 

地熱貯蔵庫(THERMAL VAULT)

アトラクションで最後にたどり着く洞窟です。ここで地底走行車から降りることになります。


(c)www.disneytouristblog.com

 

 

地底の地図についてさらに詳しく(↓)

地底の地図を徹底解析 記事まとめ|ディズニーバックストーリー

0 件のコメント :

コメントを投稿